【2022オフ】サンダー トレード/FAまとめ

2022年オフシーズンのサンダートレード/FAまとめ。

.

.

まとめ

.

.

.

.

トレード

6/14 指名権×3 ⇔ ジャマイカル+指名権

OKC
OKC

獲得

  • ジャマイカル・グリーン
  • 2027年 1巡目指名権

DEN
DEN

獲得

  • 2022年 30位指名権
  • 2023年 2巡目指名権※1
  • 2024年 2巡目指名権※2

  • ※1:サンダーが持つサンダー/ウィザーズ/ヒートorマーベリックスの2巡目指名権の内、2番目に順位が高い指名権が譲渡される
  • ※2:サンダーが持つホーネッツ/ウルブスの2巡目指名権の内、順位が高い指名権が譲渡される

サラリー削減をしたいナゲッツと1巡目指名権のアップグレードをしたいサンダーのトレード。

ナゲッツは来季からマイケル・ポーターJr.のMAX契約が始まりタックス支払い見込み、このトレードにより支払い額を抑えることができる。加えて、$8.2Mのトレードエクセプションも手にしたので必要があれば補強にも動けることに。

サンダーはクリス・ポールのトレードで獲得した1巡目指名権を将来の1巡目指名権に交換、ほぼ2巡目指名権だったのでアップグレードは確実。しかも、どういう訳かプロテクトがガバガバなので上位指名権に変わる可能性もあり。

指名権
プロテクト
via DEN
2027年top 5
2028年top 5
2029年top 5※
※2029年までにプロテクトが外れなければ29年2巡目指名権が譲渡される

ちなみに獲得したジャマイカル・グリーンは開幕までにはトレード/バイアウトされる見込み、エージェントが以前サンダーに在籍していたカイル・ウィーバー(久々に名前を聞いた)と同じでプレスティはトレード後からずっとグリーンと会話をしているとのこと。

また新たなサンダーレジェンド誕生か?

NBA trade season returns! Who wins the deal between the Nuggets and Thunder?
OKC is at it again, adding another future first-round pick to its stockpile. But which side wins this trade today?
トレード評価 OKC  DEN 
ESPNB+B
The Athletic

.

.

スポンサーリンク

6/24 指名権×3 ⇔ ウスマン・ジェン

OKC
OKC

獲得

  • ウスマン・ジェン

NYK<br>
NYK

獲得

  • 2023年 1巡目指名権(via DET)
  • 2023年 1巡目指名権(via WAS)
  • 2023年 1巡目指名権(via DEN)

将来の指名権&サラリーキャップが欲しかったニックスとウスマン・ジェンがどうしても欲しかったサンダーのトレード。

ニックスはこの後、サンダーから獲得した1巡目指名権(via DET)とケンバ・ウォーカーを抱き合わせにして放出しサラリーダンプを敢行。ジェイレン・ブランソンとの契約&ミッチェル・ロビンソンとの再契約に向けて十分なサラリーキャップを確保した。

サンダーは球団が16歳のときから目をつけていたウスマン・ジェン獲得に全力投球。ここ数年、集めるばかりだったドラフト指名権をここぞとばかりに投資した。

1人の選手に1巡目指名権3つは出しすぎ感が否めないが、放出した指名権はいずれもプロテクト付き。プロテクトが外れるであろう指名権はDEN経由のもののみで、WAS/DET経由の指名権はいつ手元に入るか分からないものだった。

NBA trade grades: Breaking down the most impactful deals, including Malcolm Brogdon joining the East champs
ESPN NBA insider Kevin Pelton is handing out grades for the biggest moves.
トレード評価 OKC  NYK 
ESPNBB+
The Athletic

.

.

FA(その他契約)

7/1 ルー・ドート 延長契約

ずっと低賃金で働かせていたルー・ドートに遂に支払いをするサンダー。

$87.5Mはドラフト外選手としてはフレッド・バンフリート、ダンカン・ロビンソンに次いで史上3番目の金額。

5年目はチームオプション(=5年目の契約有無はサンダーが掌握)&契約金の内$5Mはボーナス。ボーナスゲットの条件はオールディフェンシブチーム選出・DPOY受賞で、条件を満たしたシーズン毎に$1M払われるそう。両方受賞で$1Mなのか、どちらか受賞でいいのかは不明。

5年$87.5Mは高いという声もあった(The Athleticのジョン・ホリンジャーは大盤振る舞いが過ぎると記事を書いていた)が、4年$64.7M+1年$17.7M+ボーナス$1M×5年と分解すると感じた方は変わるはず。

.

7/1 マイク・ムスカラ 再契約

FAでサンダーに入団してくれただけでもとんでもないことなのに、2度も再契約してくれた漢マイク・ムスカラ。

強豪チームではできない何かがサンダーにはあるのかもしれない。

.

スポンサーリンク

7/3 ユージーン・オモルイ 契約

友達がおもしろそうでおなじみ、ユージーン・オモルイ(25歳)と2way契約。

昨季、26歳のポール・ワトソンJr.&24歳のリンディー・ウォーターズⅢと2way契約を結んだように、サンダーは2way契約は育成ではなく即戦力になりそうな選手を発掘する枠として考えている?ちなみに昨季ワトソンと契約を結んだことについてマーク・ダグノートは以下のようにコメントしていた。

20歳の選手を同時に10人も育てることはできない、ある程度の機能性は確保した上で育成をしないといけないからね。

 マーク・ダグノート

https://thunder-quest.com/2021/11/30/2021_22_season20/

.

7/4 アイゼイア・ロビー ウェイブ

サンダーはアイゼイア・ロビーをウェイブ、その後ウェイバー期間中にスパーズに拾われた。ウェイブされてから48時間以内に別のチームから声をかけられたとき契約は引き継がれる、この場合ロビーはサンダーとの契約が引き継がれることに。

一昨季サンアントニオでものすごいポスタースラムを決めたロビー、スパーズの印象に残っていたかもしれない。

サンダーでは出番がなかったがオフェンス力は確かでまだまだ伸びしろがある選手だと思う、スパーズで花開くといいが。

.

7/19 ケンリッチ・ウィリアムス 延長契約

ケンリッチ・ウィリアムスと4年$27.2Mで契約✌✌

.

7/20 ジャマイカル・グリーン バイアウト

サンダーはジャマイカル・グリーンをバイアウト、ウェイバー期間が明けてからウォーリアーズと契約見込みとのこと。

サンダーレジェンズ待望のインサイドプレイヤー爆誕。

.

.

スポンサーリンク

リンク

オフの戦略

ルーキーたち

タイトルとURLをコピーしました