2020 プレーオフ1RD#1

2020
via Twitter @okcthunder

スポンサーリンク

試合結果

.

.

コメント

ポゼッションの始まりでボールをもっと速く展開していかないといけない。何回もゆっくり展開してしまっていた。速く展開すればするほど相手のディフェンスがセットされる前に攻めることができてもっとオープンが作れる。もう少し余裕を持ってプレーできるはずだ。

 スティーブン・アダムス

高さのアドバンテージを活かそうと動いていただけだ。ボールがないところで動けば、いいオフェンスができる。ゲーム開始直後はそれができていたけど、それを試合を通して続けることができなかった。

 ダニロ・ガリナリ

(ハーデン以外の)他の選手にやらることが一番キツい。ジェフ・グリーンをのせてしまったし、他の選手全員にあんな風にシュートを打たせてしまったら、みんなのってくる。改善しないといけない。

 クリス・ポール

我々はもっといいテンポ、いいペースでいいプレーをしないといけない。シュートが入ろうが外れようがいいペースとテンポでいい流れでプレーしないといけない。それができなければ、行き詰まってしまう。

 ビリー・ドノヴァン 

相手にかき乱されてオープンを作られて、たくさんオープンショットを打たせてしまった。相手のドリブルからのプレーをもっと上手く守らないといけない。

 ビリー・ドノヴァン

速いペースで試合を運べたらいいプレーができるが、遅いとプレーが難しくなす。速いペースこそが我々の鍵だ。

 ビリー・ドノヴァン

彼らはリーグの他のどのチームとも全く違う。ゲーム1は少し手探りだった。次に何をしないといけないか考えないといけない。

 クリス・ポール

.

.

TOG

※Tweets of the GAME

スモールボールキラー

29得点(FG9-17)を記録したガリナリ、ロケッツはお得意様。オーランドに来てからかなり出場時間が短くなっていて心配していたが今日は33分プレー、コンディションも大丈夫そう。

.

シェイ&デニス

シェイとデニスは二人合わせて15得点(FG5-20)と大ブレーキ。1on1で抜ききれない場面が目立っており、HOUのスイッチディフェンスには今後も苦戦しそう。チームで糸口を見つけて欲しい。

.

ベイズリー

ベイズリーはシーディングゲームからの好調をキープ、プレーオフデビュー戦で9得点&9リバウンドのニアダブルダブル。ドライブからムスカラに捌いたパスは解説のスタン・ヴァンガンディも褒めていた、プレーオフでもどんどん経験を積んでいって欲しい。

ドノヴァンはシリーズ前にHOUのスモールボールに対してベイズリーをセンター起用する考えもあると言っていたので好調が続けばベイズリーのプレータイムは増えていきそう。

ロケッツは小さいと言われているけど、彼らには長さがあるし、フィジカルが強い。ナーレンズとスティーブンが一年ずっとやってきてくれたことを信じている。必要があればベイズリーをセンターで起用することもできる。ゲームの流れを見て全員で闘わないといけない。

 ビリー・ドノヴァン

.

.

スポンサーリンク

参考サイト

!https://www.nba.com/thunder/recap/game1-rockets-200818

!https://www.nba.com/thunder/story/round-one-200816

タイトルとURLをコピーしました