2022-23 プレシーズン#3

via Twitter @okcthunder

試合結果

.

.

スポンサーリンク

コメント

最高だったよ、ホームに戻ってくるのが待ちきれなかったからね。ウィグス(アーロン・ウィギンス)と”ここで最後にプレーしてから1年くらい経ったように感じる”って話をしてたんだ。また帰ってこれて嬉しい。

 トレイ・マン

すばらしかったね、ずっとこういう試合に参加したかった。NBLにいるときにNBAチームと対戦できると思ってたんだけど、12カ月経って古巣と対戦できたんだからスペシャルだ。

 ジョシュ・ギディー

このチームが好きだ、プレシーズンはいい感じだ。いい学びの経験になってるよ。

 ユージーン・オモルイ

.

.

スポンサーリンク

TOG

※Tweets of the GAME

トレイ「リングが大きく見えた」

トレイ・マンが23分の出場で26得点(3P8-10)の爆発。

今日はリングが大きく見えたんだ、チームメイトもよく見てくれていた。

 トレイ・マン

トレイが自信を持ってああやってプレーしたら、それが周りにも伝染していくんだ。

 ジョシュ・ギディー

(トレイの)今日の活躍はこれまでの経験と夏の練習の成果だと思う。

 マーク・ダグノートHC

ここまでプレシーズン3試合で平均17.0得点‐3P成功率59.1%(13-22)と好調をキープ。チーム内でこの夏一番成長した選手に名前を挙げられていたが、それを結果で証明中。

ただ爆発力は昨季から垣間見えていたので、欲を言えばシュートが入らないときに何ができるかも見てみたい。

.

ギディー「チップ効果を感じてる」

ここまで3試合でFG成功率57.7(15-26)と安定してシュートを決めているジョシュ・ギディー。

この試合ではビハインドバックからミドルシュートを決めるプレーもあった。

(チップ・イングランドと練習している)効果を感じてるよ、チップは普通ではないんだ。今から1週間でステフ・カリーになれるわけではないから時間がかかるプロセスだけど、チップのことを信じている。

 ジョシュ・ギディー

ファンとしてはチップマジックを期待してしまうけど、ギディー本人が言うように長い目で見守らないといけない。

例えば、元スパーズのリチャード・ジェファーソンはチップと練習し始めた1年目3P成功率31.6%→2年目44.0%と効果が発揮されるまでに1年かかっている。

現地記者「1週間でステフ・カリーになれないということは1か月かかるのか…」

.

ドート/ケンリッチ流派

2way契約のユージーン・オモルイが19得点の活躍。

オフェンスではカッティングやキャッチシュートと基本に忠実なプレー、ディフェンスではフィジカルを活かしたしつこいディフェンスとサマーリーグからおもしろい、いやオモルイプレーを続けている。

チームを勢いづけたり、フィジカルなプレーができる。相手にするのは嫌だけど味方にはいてほしい、自分はそういうタイプの選手なんだ。

 ユージーン・オモルイ

タフなプレーをしてくれる、正しく理解しようとする姿勢がすばらしい。ドートやケンリッチのようだね。

 マーク・ダグノートHC

.

オクラホマシティ市長出禁?

ハーフタイムにフリースロー対決に挑んだオクラホマシティのデイビッド・ホールト市長、歓声の中登場したが結果は10本中2本成功とふるわず。

これには市長も自虐するしかなかった。

コート上で名前を呼ばれたときのビデオを持っている人がいたらうれしい、今日のあのパフォーマンスの後では二度と呼ばれないだろうからね。

 デイビッド・ホールト市長

そしてウェンバニヤマ獲得に向けて、シーズン終盤のラインナップに市長を加えることを提案する現地記者

.

.

スポンサーリンク

リンク

PREV

NEXT

Five takeaways from OKC Thunder's win vs. Adelaide 36ers in NBA preseason
The Adelaide 36ers created quite a stir when they beat the Phoenix Suns on Sunday. The Thunder was adequately warned about the feisty Australian side.

タイトルとURLをコピーしました