2020-21 シーズン#08

2020-21
via Twitter @okcthunder

試合結果

.

.

スポンサーリンク

コメント

明らかによくないスタートだったけど、またセカンドユニットが試合の流れを変えてくれた。彼らが作った流れを試合の最後まで継続できたね。ハミは本当によかった。嬉しいね、地元に戻ってきていいプレーができていたんだから。

 マーク・ダグノート

試合に出て、勝負して、全部を出し切ることは気分がいいね。どの試合の前でもコーチは“0-0 mentality”を強く言うんだ、ここまでの勝敗なんて関係ない。試合に出たら全力を出すだけだ。今日はそれができたと思う。

 ハミドゥ・ディアロ

今日はよくプレーできていたと思う。ゲームプラン通りだったし、ニューオリンズ戦で学んだこともできていたね。試合開始直後から高いレベルで集中できていた、今日みたいなプレーぶりが見られて嬉しいよ。

 マーク・ダグノート

本当によくプレーできていたと思う。スクリーンやリバウンドもできていた、全体的にとてもよかったと思う。

 ルー・ドート

(ディアロとのアリウープについて)少しペースをあげたんだ、ディフェンスの裏側にハミがいるのが見えたからできるだけ高くあげた、“ハミなら届くよな”って祈りながらね。彼が飛んでつかんでぶち込んでくれた。

 シェイ・ギルジャス・アレキザンダー

よかったよ。周りに“もう高く跳べない”ってからかわれてたのを知ってたから。ああやってぶち込めてよかった、必要ないときはやらないだけでまだできるぞって見せれたかんだら。

 ハミドゥ・ディアロ

毎試合リバウンドには重きを置いてるよ。相手にセカンドチャンスポイントや余計なポゼッションを渡しちゃいけない。勝とうと思ったらゴール下でシュートを打たれちゃいけないんだ。だから試合前にはいつもリバウンドに集中するようにしている、今日はそれができたね。

 シェイ・ギルジャス・アレキザンダー

自分たちにはスタートにもセカンドユニットにも勢いづけたり、相手とやり合うのに頼りになる選手がいっぱいいるんだ。それを見せれたと思うから続けていきたいね。

 テオ・マレドン

何が起きても48分間プレーすることにこだわる。出だしでリードを奪おうが奪われようがコーチはいつも試合は48分間だ、と言ってるからね。自分たちがやってきたことを信じて、ディフェンスはハードにオフェンスは正しくプレーしたら結果がついてくることは分かってるんだ。

 シェイ・ギルジャス・アレキザンダー

.

.

スポンサーリンク

TOG

※Tweets of the GAME

レーシング・カーとワゴン車

ベンチから出てきて23得点11リバウンドと大活躍をしたハミドゥ・ディアロ。不調だったダリアス・ベイズリーに代わってクロージングも務めた。

今シーズンのサンダーはハンドラーであれビッグマンであれ3Pが打てる&ボールハンドルができる器用な選手でロスターが固められている 。

長年チームを支えてきたアダムスやロバーソンのようなどちらかと言うと不器用な選手もあっさり手放していたし、今後は「5人全員がボールハンドルできて3Pが打てるチーム」を作っていくのかな、と勝手に思っていて、そうなるとディアロは構想外なのかと思っていた。

でも一人だけ勢いとパッションでリムに向かっていくディアロのプレーが今のチーム、特にセカンドユニットにハマっていると思う。見ていて本当におもしろい。

ナゲッツ躍進を陰で支える、“いぶし銀”ミラーの存在感。~14年間NBAでプレーした秘訣~(宮地陽子)
まるでレーシング・カーの中にワゴン車が一台だけ混ざっているようだと言えば、その異質さがわかるだろうか。デンバー・ナゲッツの活きのいい選手たちがレーシング・カーだとすると、

2013年、NBAライターの宮地陽子さんがDENに関するコラムで唯一30代(37歳)のアンドレ・ミラーを「ワゴン車」、周りの身体能力の高い若い選手たちを「レーシング・カー」と表現していたけど、今のサンダーはハミを「レーシング・カー」、他の選手を「ワゴン車」と表現するとピッタリかもしれない。

.

ベイズの不調はヒルのせい

試合前、チームメイト(ケンリッチ・ウィリアムス、ジャスティン・ジャクソン、ベイズリー)とのシューティング対決で14本連続3Pを決めるジョージ・ヒル。

サンダー公式Instagramにも同じ動画投稿されると、ベイズリーがこんなコメントを

😒😒試合前なのに自信へし折られた

 ダリアス・ベイズリー

関係ないけどベテラン2人が楽しそうにしているのは嬉しい

言葉通り、ここ最近絶好調だったベイズリーは4得点とおとなしめだった。

.

タンキングサンダー西4位

今シーズンのサンダーはめちゃくちゃハードにプレーするから、楽に勝とうと余裕ぶっこいてるチーム相手なら足元すくえそう。

でもヒートみたいにハードにプレーしてくるチーム相手にはボロ負けが続きそう。

.

.

スポンサーリンク

リンク

PREV

NEXT

.

.

参考サイト

!https://www.nba.com/thunder/recap/knicks-210108

タイトルとURLをコピーしました