サンダーを支えるアダムスの親友?

サンダーを支える男
via Twitter @okcthunder

シーディングゲーム絶好調フェニックス・サンズを支えるデアンドレ・エイトンのお父ちゃんでもあり、スティーブン・アダムスの親友?でもあるあの人物について

.

.

スポンサーリンク

アダムスの友だち?

俺たちは親友だ。

 スティーブン・アダムス

アダムスが親友と呼んでいるのは昨年までサンダーのアシスタントコーチを務めていたマーク・ブライアント(MB)のこと。MBはルーキーの頃からアダムスの指導役として、ずっとアダムスと二人三脚でやってきた。

(ルーキーのときのサマーリーグを振り返って)マーク・ブライアント、MBの指導を受けることができて良かった。彼はコーチになる前、NBAで15年プレーしたプロ選手で、自分がサンダーに入団した際フォワード担当のアシスタントコーチだった。206cmの身長で体の幅が自分の倍あり、単に指導するだけではなく、一緒に練習をするタイプのコーチだ。そして自分がNBAでやっていくための指導役だった。

試合中いつでもベンチに戻ると、必ずベンチの端に座った。MBの横に座って“どうしたらもっと上手くプレーできるか”聞くことができたから。毎試合、MBが練習すべきこと、試すべきことを教えてくれた。それを疑問に思ったことはなかった、言われた通り正しくやれば、いつでも上手くいったから。

 スティーブン・アダムス

Steven Adams『MY LIFE, MY FIGHT』(2018) hachette BOOKS, p.139
MBと1on1するアダムスとはしゃぐラス

MBが大切にしていることは正しいプレーをすること、そしてそれを習慣化すること。アダムスをはじめとしたサンダーのビッグマンたちはそうした教えを叩き込まれてここまで成長してきた。

また、そんな彼らにとって体が大きく温和なMBはまさにお父ちゃんのような存在だった。

マーク・ブライアントに感謝したい。お父さんより彼と過ごした時間のほうが長いよ、彼はここでのお父さんみたいな感じだ。(2012年の発言)

 サージ・イバカ

しかし、お父ちゃんは2019年のオフにサンズに引き抜かれてしまう。

個人的にはアダムスが今シーズン序盤不調だったのはMBがいなくなった影響もあるのかな、と思っている。

.

.

スポンサーリンク

エイトンのお父ちゃん

サンズでのMBの役割は昨シーズンドラフト1位で入団したデアンドレ・エイトンの指導。

エイトンとMBのコンビはこの夏からずっと一緒に練習して、すばらしい関係を築き上げている。今朝も体育館にきたら二人は既に汗びっしょりでポストの練習をしていた。

 モンティ・ウィリアムスHC

MBをサンズに引き抜いたのは元サンダーのモンティ・ウィリアムスHC。モンティはアダムスの指導役としてMBのことを高く評価しており、エイトンにもその指導を受けさせたかったというわけ。

MBはたくさん小技や、俺が必要としていることを教えてくれる。俺のプレーを磨いて、味付けをしてくれたんだ。俺の技術を伸ばしてくれたし、技術が増えた。彼のおかげでより力強い動きができるようになった。それをするため、続けるための動き方や方法を教えてくれるんだ。

 デアンドレ・エイトン

MBによると、2年目のエイトンがNBAのスピードやフィジカルになれるのにはもう少し時間がかかるが、学ぶ姿勢はすばらしいとのこと。

エイトンの伸び代は彼自身が思っているよりも大きい。言葉にすることはできるけど、彼がどれだけ高みを目指すか。それが一番大きなことだ。

 マーク・ブライアント

.

.

おまけ

ちなみにサンダーはロバーソンの指導役ダーコ・ラヤコビッチACもサンズに引き抜かれている。

(過去記事『サンダーを支える小さな男』で紹介)

サンズでのダーコの役割はバブルでディフェンダーとして注目されているミカル・ブリッジスの指導。

.

.

スポンサーリンク

リンク

ロバーソンの元師匠ダーコ

参考サイト

!https://www.nba.com/suns/features/mark-bryant-playing-critical-role-deandre-aytons-development

タイトルとURLをコピーしました