ブリッジス「サンズ躍進のきっかけはサンダー」 #Shorts

via Twitter @suns
Mikal Bridges On How CP3 Still Does It, Booker's Growth and His WILD Draft Night Story | JJ Redick

JJ・レディックのポッドキャストに出演したミケル・ブリッジスがサンズ躍進のきっかけについて語った。

.

.

スポンサーリンク

「躍進のきっかけはサンダー」

2シーズン前にバブル8連勝を挙げたものの惜しくもプレーオフを逃したサンズ、昨季はファイナルまで勝ち進んだ。今季も16連勝を挙げるなどリーグ2位、強豪としての地位を確立したチームのエースディフェンダー曰くサンズのターニングポイントとなったのはサンダーとの試合だったそう。

(レディックの「いつサンズがプレーオフでも勝てるチームになると感じたか?」という質問に対して)昨季、オレたちは8勝8敗から始まったんだ。中には最悪な負けもあった。例えばホームでOKCに負けた試合とかね、負けようとしているチームに負けたんだぜ。そこから色々変わった。

 ミケル・ブリッジス

.

.

ブリッジスがターニングポイントに挙げた試合は7勝9敗と前評判以上に勝っていたサンダーを8勝7敗と前評判ほど波に乗れていなかったサンズがホームで迎え撃った試合。

前日にはフリースローを外しまくったシェイ・ギルジャス・アレキザンダーをInstagramでいじっていたクリス・ポールだったが、この試合はファウルゲームのフリースローをCP3の目の前でシェイが決めまくり。お手本のようなフラグ回収でサンズは敗戦となった。

最後にはアル・ホーフォードのジェントルマンスティールも炸裂しサンダーにとっては会心の勝利。

ただし、この後のチーム状況はこの試合の勝敗と真逆になる。

サンダーに負けて8勝8敗となったサンズ。ブリッジスによると、サンダー敗戦後に普段は優しいモンティ・ウィリアムスHCが怒っている姿を見てチームが変わったのを感じたそう。言葉通り、この後43勝13敗と大幅に勝ち越しウエスト2位でシーズンを終えたサンズはプレーオフでも勢いそのままにファイナルまで勝ち進んだ。

一方、サンダーはサンズに勝ち8勝9敗となった後、14勝41敗と大幅に負け越し地獄のようなシーズンを送った。

.

.

スポンサーリンク

「すべてのきっかけをつくってくれたプレスティに感謝」

昨季、クリス・ポールはファイナル進出を決めた後の会見で「すべてのきっかけをつくってくれたサム・プレスティに感謝したい」と語っていた。(詳細は別記事参照、記事下にリンクあり)

サンダーはサンズのすべてのきっかけをつくり(CP3公認)、サンズのターニングポイント(ブリッジス公認)となった。元サンダー(モンティ・ウィリアムスHC、マーク・ブライアントAC、クリス・ポール、キャメロン・ペイン、アブドゥル・ネイダー)が多数いるサンズの躍進は嬉しいし、サンダーがそのきっかけになれたのなら誇らしい。

CP3「サム・プレスティに感謝したい(ただし、トレード対価の1巡目指名権はほぼ2巡目指名権にしてサンダーへ)」

.

.

スポンサーリンク

リンク

タイトルとURLをコピーしました